こんばんは、繁忙期突入と物件購入と確定申告でストレスMAXなド田舎大家Tです。

さて、1月最終日ですが今月は2部屋退去がありました。

1つ目は2棟目の物件ですが、ラッキーなことに退去後の部屋がかなり綺麗でした。
何というか、生活感がないくらい綺麗でした。
おそらく、前のオーナーが異常に安い家賃で貸していたので、セカンドハウスか倉庫利用していたのかもしれません。
一部、アクセントを入れたりキッチン部分のCFの張替えなど簡単な修繕のみになります。
ちなみに、修繕前の状態なのに安いという理由だけで、既に入居の予約が入っています。
安いと言っても、適正家賃に修正しての募集なので、4000円/月アップです。

2つ目は3棟目の物件です。
この物件に住んでいた超不良入居者(学生)がやっと退去してくれました。
この入居者の悪行は過去記事1 過去記事2-1 過去記事2-2 を参照してください。

まずは、現状確認です。

キッチンまわりです。(写真はすべて写真をクリックして拡大して見て下さい)
キッチンシンク キッチン混合栓 キッチン横クロス キッチン前フローリング
シンクに丸い塗料跡、混合栓は壊され、壁と床に塗料が飛び散ってます。

問題のユニットバスです。
ユニットバス1 ユニットバス2 ユニットバス3 ユニットバス4 ユニットバス5
赤と青の塗料が全体的に飛び散ってます。

他にも、写真を撮り忘れましたが、玄関前共用部にも塗料やFRP樹脂が飛び散っていましたし、自転車を長期間放置していたので地面の上に錆びの跡が残っています。

これらすべての修繕に約30万円の見積もりが出ました。
まぁ当然ですね、特にユニットバスを塗装する羽目になったので、これだけで16万円です。
(内心はユニットバスを交換して代金を請求したいくらいです)
ちなみに、ガイドラインに従って、経年劣化しただけのクロスの代金は請求していません。

で、壮絶な交渉の末、修繕費30万円を勝ち取りました!
本当に交渉が大変で、交渉相手(入居者の親)も相当ゴネてきました。
(下記の会話の間には管理会社が入っています)

親:「行政に相談する」
T:「勝手にすれば?」
 ↓
親:「ガイドラインを参考に按分しろ」
T:「善管注意義務違反だって、こっちにだって権利はある」
 ↓
親:「前のオーナーはひどい管理だったから減額しろ」
T:「俺には関係ない」
 ↓
親:「5万円減額してくれるならすぐ振り込む」
T:「5万円減額の根拠は?俺に非はない」

まぁざっくりと、こんな感じでした。

塗料の類はすべて善管注意義務違反になります。
もちろん、私はバカではありませんので国土交通省が出しているガイドラインも理解しています。
でも、大家側にも権利があります。
詳細な交渉方法は「企業秘密」なので書くことはできませんが、不良入居者に対しては舐められることなく毅然とした対応が必要だと思っています。

それでは~




ぽちっとお願いします


不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2017.01.31 Tue l 3棟目 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿