上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、8月はイベント対応で死にそうなド田舎大家Tです。

さて、ここ最近更新できていませんでしたが、融資関係の問題が解決しましたので、順次書いていきたいと思います。

先日、巨大な中古アパート物件を購入しました。


<物件スペック>
ファミリー向けペット可物件
間取:3LDK×16 2DK×16 アパート6棟
構造:軽量鉄骨造
築年数:27年
表面利回り:17%
購入金額:1億7,000万円→1億3,000万円
融資期間:20年
入居率:28/32


6棟物件




これはどういうことかと言うと、同一の敷地内にアパートが6棟も建っている物件なのですが、実はこの物件だけでCFが月に100万円生んでくれる物件になります。

この物件は3棟目を仲介してくれた不動産屋が紹介してくれた物件なのですが、相当特殊な物件で色々な条件が一致したため購入することができた物件です。

まず、売主は地元では有名な地主さんで、仲介してくれた不動産屋とも付き合いのある方です。
融資してくれた金融機関は県内で一番融資に積極的な信金で、信金の近くに物件があり信金も物件について良く知っています。
もちろん、信金もこの売主さんのことは良く知っていますし、信金は不動産屋と懇意にしています。
最後に買主である私は築古アパートをメインに投資しているので、投資の実績を説明し納得してもらいました。

普通ならば耐用年数切れでオーバーローン20年なんてありえない条件ですが、売主・買主・不動産屋・金融機関の思惑が一致して購入できた物件です。

現在、この物件はペット可なのですが、ペット共生型の物件にするために共用部にペットの洗い場の設置や、空室をペットを飼いやすい環境にリフォームを計画しています。


それでは~




ぽちっとお願いします


不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2016.08.03 Wed l 6棟物件 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。