上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、DIYを満喫しているド田舎大家Tです。

先日購入した物件ですが、セキュリティ強化のため、電子錠を取り付けることにしました。

製品はMilreのMI-2300
http://www.milre.co.kr/html_eng/pro_08_spec.php?menu_num=0203
MI-2300-1-.jpg MI-2300-2-.jpg


韓国製なのでマニュアルの類はハングル文字で正直読めませんが、取付マニュアルはイラストで作業工程がわかりましたので問題ありませんでした。

取付手順を紹介します。
 
 
<道具>
1 電動ドリル
2 3.4mmのドリル刃(3.5mmでも可)
3 32mmの金属用ホールソー
4 ↑ホールソーの中央ドリル刃と同じ幅のドリル
5 プラスドライバ
6 ペン
 
<手順1>
取付位置確認台紙(取付マニュアル)の赤い点に穴をあける
MI-2300-3.jpg


 
<手順2>
取り付けたい場所に台紙を当てて、穴の部分にペンで印をつける
MI-2300-4.jpg

 


<手順3>
上下の印には3.4mmの幅でドリルします(ビス固定用ねじ穴)
中央は32mmの金属用ホールソーで穴をあける。
(ホールソーの前に下穴をあけた方が楽です)
ここで、ホールソーの中央ドリル部分が貫通したタイミングでホールソーから4のドリル刃に替えて室内側から室外側まで貫通させる。
この作業をしておくことで、室外側のホールソーの位置を印すことができます。
再度ホールソーで室内側に32mmの穴があいたら、室外側からも同様にホールソーで穴をあける
MI-2300-5.jpg



 
<手順4>
電子錠固定台座を2か所ビス止め。
台座が固定したら、右端中央3か所に3.4mmドリルしビス止め。
MI-2300-6.jpg



 
<手順5>
室外機(操作パネル)を室外側からケーブルを通して室内側からビスで固定。
MI-2300-7.jpg MI-2300-8.jpg



 
<手順6>
室内機にケーブルを接続してビスで固定。
MI-2300-9.jpg



 
<手順7>
ストライク固定用の穴を3.4mmでドリル。
MI-2300-10.jpg


 
<手順8>
ストライクをビスで仮固定し、動作確認を行う。
問題がなければ、ストライク上下2か所ずつにペンで印をつける。
一旦ストライクを取り外して、印をつけた4か所を3.4mmでドリル。
MI-2300-11.jpg
 
<手順9>
再度ストライクを固定して完成です。
MI-2300-12.jpg MI-2300-13.jpg

 
大体1時間ぐらいで取り付けることができました。
2回目以降はたぶん30分ぐらいだと思います。
 
電子錠の設定については販売業者オリジナルの設定マニュアル(日本語)をもらえましたので、簡単に設定できました。
このMI-2300は賃貸用に設計されており、入居者用パスワードと管理者用のパスワードを設定することができましたので、退去後も安心です。

それでは~




ぽちっとお願いします


不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2015.06.26 Fri l 3棟目 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。