FC2ブログ
こんばんは、明日の決戦に向けて理論武装中のド田舎大家Tです。

まずは、ランキングの確認をお願いします

不動産投資 ブログランキングへ

最近好例?になってきた私のブチ切れシリーズ(最近多いのでシリーズ化?)ですが、今回は14棟目で発生しました。
管理会社がまたやらかしてくれましたw

前回のブチ切れと同じ管理会社なのですが、今日の昼ごろ14棟目のトイレの水が止まらないと連絡がありました。
原因はオーバーフロー管が折れて部品がないからタンクと便器を交換しないといけないとのこと。

見積もりを見ると・・・なんと約17.5万円!

14棟目トイレ交換見積(金額拡大) 

正直、はぁ?ですよ!

私は過去に自分で便器交換の手配をしたことがありますが、本体代金5万円、工賃1.5万円でした。
何も、この値段でやれって言っているわけではありません。
管理会社に依頼している以上、手数料が乗っているのは仕方ない話です。
しかし、この値段はぼったくりです!

その上、ぼったくり以上に詐欺見積なんです!

14棟目トイレ交換見積(明細拡大) 

実は、14棟目の便器には温水便座はついていません。
何故なら、トイレ室内にはコンセントがないからです。
にもかかわらず、見積にウォシュレット一体型便器を提案するのは詐欺でしょう?
使えない高額商品を提案するなんてありえません。

もし、私がこの見積で発注したらどうなると思います?
工事業者は工事中にコンセントがない事に気がついて電気工事費まで請求してきますよ!

ってことで、提案してきた担当者にはお説教です。

私の管理会社との付き合い方のスタンスは、入居中の部屋のトラブルについては管理会社に修理を依頼しています。
何故なら、管理会社の手柄(利益)奪うのはフェアじゃないから多少高くても飲んできましたし、客付けに響く可能性もあります。
入居者にも迷惑がかかるので、迅速に対応しなければなりません。

しかし、今回のように明らかな詐欺行為をしてきたのなら別です。
今回は自分で手配することにします。



それでは~
スポンサーサイト



2019.04.12 Fri l 14棟目 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿