FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、イライラ解消の為に焼肉を食べたいド田舎大家Tです。

まずは、ランキングの確認をお願いします

不動産投資 ブログランキングへ

前々回にインターネット設備について記事を書いたところ、Facebook経由で色々質問が来たので今回は詳細に設備の内容を書きたいと思います。

まず、自前でインターネット設備を導入する大前提は、ランニングコストを抑えることが目的です。
インターネット業者を入れると、毎月の通信料には保守料が上乗せされています。
インターネット設備は一度可動してしまえば全然トラブルがありませんし、実際に自前で導入した新築1棟目と2棟目ではトラブル報告は聞いていません。
なので、業者に払っている保守料が無駄ですし、これを削減できれば月々の支払は光回線+プロバイダー料金のみで済むわけです。

実際に、自前でやることは、下記の通りです。

1 工事業者の段取り
2 既存入居者対応の段取り
3 光回線+プロバイダの手配
4 取り付ける機器の購入
5 機器設定

1 工事業者の段取り
工事業者に依頼するのは何かですが、共用部に設置する設備に供給する電気工事と、各部屋にLAN線を配線するための工事です。
この2つは資格や高所作業が必要になるので、工事業者に依頼せざるを得ません。

2 既存入居者対応の段取り
工事スケジュールが決まり次第、入居者には部屋に入って工事する旨を通達しなければなりません。
この作業を管理会社に依頼しなければなりませんし、工事日に管理会社にも鍵持参で現場立ち合いをお願いしなければなりません。

3 光回線+プロバイダの手配
工事前日までにNTTとプロバイダに光回線(一戸建てタイプ)の工事を依頼しておく必要があります。
最近は光回線とプロバイダがセットになったプランもあるので楽ですが、たまに使いたいプロバイダがアパートで共用することを理由に断ることがあるので、注意が必要です。

4 取り付ける機器の購入
アパート内のネットワークをどうするのかを考えた上で、通販などで機器を購入。

5 機器設定
自宅であらかじめ機器を設定しておき、工事日当日は取り付ければ動作できる状態にしておきます。

大まかな手順はこんな感じです。

では、実際に取り付けなければいけない機器ですが、下記の通りです。

・光回線用有線ルーター
・スマートスイッチ(レイヤー2 HUB)
・各部屋に設置するwifiアクセスポイント or ルーター
・リブーター

・光回線用有線ルーター
安定性が求められるのでなるべく業務用のルーターをお勧めします
YAMAHA製(NVR-500、NVR-510など)がお手頃かなと思います。
バッファロー製は過去にフリーズするなどのトラブルを経験しているので敬遠してます。

・スマートスイッチ(レイヤー2 HUB)
ただのスイッチングHUBで各部屋を接続してしまうと、隣の部屋同士で通信できてしまうため、セキュリティ上問題があります。
そのため、スマートスイッチを導入し、ポートVLANとポートQoSを利用します。
ポートVLANは各部屋ごとにネットワークを独立させ、隣同士で通信できないようにします。
ポートQoSは各部屋の通信帯域を制限します。例えば、一部の入居者が大量にダウンロードしていると他の部屋の通信帯域が狭くなってクレームに発展する可能性があります。そのため、部屋ごとに通信帯域の上限を設定して帯域が集中しないようにします。
私はNETGEAR製のアンマネージプラス・スイッチシリーズがコスパがいいので良く利用しています。

・各部屋に設置するwifiアクセスポイント or ルーター
もし、各部屋には有線LANのみを提供するのであればwifi機器は不要ですが、入居者に準備させるのは後々問合せ対応が発生する可能性があるので、私は各部屋に備え付けています。
では、アクセスポイントにするのかルーターにするのかですが、好みの問題になります。
アクセスポイントを設置するとクライアント側はUPnP機能を使えるのでネットワークゲームなどでサーバーになることができますが、UPnP機能を悪用するとファイル共有ソフトを利用できてしまいます。
ファイル共有ソフトの使用を防ぎたいのであれば、室内でもwifiルーターを設置して二重ルーター状態にすることでUPnP機能自体を使えないようにすることができます。
壁埋め込み式にするのであれば、アクセスポイントになります。埋め込み式のルーターは1社しか出ていないので結構高いです。

・リブーター
リブーターとは、ネットワーク機器がもしフリーズして通信できなくなったときのために強制的に電源をOFF・ONして再起動させるものです。
仕組みは定期的にPingを発信してレスポンスが返ってこなくなった場合にコンセントの電源をOFF・ONします。
最近の機器はトラブルになることはあまりないのですが、もし発生した時のためにお守りとして設置します。

まぁ、これだけの機器を設定できるだけのスキルを持っていないと正直厳しいので、出来る人は自前で導入して、できないのであれば業者に依頼すればいいのではないでしょうか?


それでは~



ぽちっとお願いします

不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2018.07.09 Mon l 不動産投資全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。